夜の吹雪きの中を運転する

普通なら避けたい状況ですよね
休みは決まってるのでフェリーには絶対乗らなきゃならないし、
大雪の後は絵になることも多いし、昼間は撮影、夜に移動が基本だったりするので、
この状況によく遭遇します。
もっとも私は雪道が好きということもあります
こんな時に私がこころがけていることは...

まずは雪道の基本装備。良く効くスタッドレス。

つぎに視界確保のために冬用のワイパ。これは気温高めのビショビショ雪の時に有効
気温低めのサラサラ雪なら車内をちょっと寒くしておけばワイパを使わない方がいい
このパターンは吹雪けば吹雪くほど効果絶大

つぎも視界確保のため。ライトチューニング。
元ラリーストの私としては最低でも130wクラスの補助等を追加したい所ですが
ノーマルランプを高効率の物に変えるだけでも違います
最近はH.I.Dがおすすめです

つぎは心掛け。 その1 何より重要なのは車間距離。
スピン、横転が当たり前のラリー界では一台で走るのが基本
公道で一台でいつも走るわけにはいかないので車間距離で補う
車間距離は前の車との間だけでなく後ろの車にもとっていただく
これは結構難しいのですが... 離れてほしい時には空ブレーキを踏むとか...
先行車に何が起こっても止まれる距離。自分が何をしでかしても止まってもらえる距離です

心掛け。その2 流れに乗る。
決してゆっくり走ることだけが安全ではないと思います
そのそも事故は2台の車に速度差があるからぶつかるわけで
速度が同じだったらぶつかりません。

雪道だからといってビビる必要はないと思いますが油断も禁物
そもそも雪道は楽しい!
分かっていただけないかもしれませんが...


Back---Next

かしわ園物語 Top 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26

Home
| Gallery | Kashiwaen story | Photopoint map
How to take photo | Getting around | Wall paper | BBS

ご意見・ご希望は syaka@pluto.dti.ne.jp までどうぞ!