憂鬱な丘


美瑛を去るとき最後に走る丘のルートを決めている
かしわ園から北瑛小学校の裏をとおってセブンスターの木へ
そして237号へ抜けるルートが最後の丘めぐりになる
いつも最後の夕日を見とどけてから…

やがて車のライトがあたっているところしか見えなくなる頃
じりじりとした焦燥感が襲ってくる
いつもやってくるこの瞬間から、旅の間ずっと聞き続けていたCDを止めて
ラジオを聴くことにしている

”そういえばあの仕事の問い合わせに回答していなかったよなぁ”とか
”まだあの部品を手配していなかったよなぁ”とか
この1週間忘れていたことを思い出す
円高が進んでいることをラジオが伝えている

小樽まで4時間、翌日のフェリーに乗って新潟へ
翌々日の夕方自宅について、翌々々日会社に出社するまで
いちばん憂鬱なときの始まり


Back---Back to the top

かしわ園物語 Top 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26

Home
| Gallery | Kashiwaen story | Photopoint map
How to take photo | Getting around | Wall paper | BBS

ご意見・ご希望は syaka@pluto.dti.ne.jp までどうぞ!