秋は

秋になると朝霧がよくでる
霧はある程度予測できる
前日の日中に結構気温が高く夜になってから冷え込んだ翌朝
冷え込む理由はたいてい放射冷却なので霧が晴れれば天気はよくなる

朝起きて霧が出ていたらまず高い丘に登って
霧の高さを判断しよう
丘に登ると霧が晴れているなら

背の低い霧だ! 滅多にないチャンスである
美瑛の丘の一番西の高台に向かおう 留辺蘂か御料の丘がお勧めである
この時期、霧は丘の谷を風にながされながら富良野から旭川方面に向かってゆっくりと流れていることが多い

朝日に輝く霧の雲海から所々木立や建物が顔を出す幻想的な風景がねらえる
神々しいイメージにするなら露出はややオーバーに
朝霧は以外と反射率が高いので補正なしだと夜霧になってしまう
それはそれでお好みしだいですが…


丘に登っても霧が晴れていない場合は 背の高い霧だ!
まあほとんどはこのパターンです
朝方出ている霧は時間とともに薄くなってゆき、日の出後3時間もすれば無くなる

ちょうどよい濃さの霧を探すか、待つことが肝心
カメラからの距離に応じて霧にかすむ度合いが違う
普段じゃまっけな電線や電柱を消すこともできる
かといって、すべてが見えなくなっては意味がない
しかし霧はだんだん晴れることが分かっているので待つことも知恵のうち
霧が濃いとなにも見えない 薄ければ晴れているのと同じ
撮したくない物が見えない濃さを待つのもいい

霧はまた私たちが普段目にできない光と影を霧中に描く
いわゆる後光が差したような写真はこんな時に撮ることもできる

 秋と撮る2 につづく




Top > ■Index > ■How to take photo < 春を撮る | 夏を撮る | 秋を撮る | 冬を撮る >