冬の一日を撮ろう
この時期、日の出はずっと遅くなるのでゆっくり寝ていられるけれど、どの季節よりも出発するのに決心がいる
でも朝の冷え込みが厳しければ厳しいほど景色も美しく変わっている。そう、昨日見た風景と違った風景になっている
かも知れない?
 厳しい寒さと引き換えに得るものは大きいことを信じてほしい

 ところで私は根っからのバイク派であるがバイクで北海道へ行くのは1回だけにしておいた方がいい
話のネタに1回だけ...

冬は車を前提にして話をすすめよう
雪道を運転したことが無い人だって大丈夫。今どきのスタッドレスタイヤはよくできてます
いつもよりちょっと早く、ゆっくりブレーキを踏む。ゆっくりハンドルを切る。ゆっくり加速する。
私は長野県での生活の経験があるのですが長野のぐしゃぐしゃでちっとも除雪にこない国道より10倍走りやすい!!!
始めての雪道ドライブでも大丈夫、むしろ少し慣れたあたりがヤバい

 まずはじめに
もちろんいろんな場合があるが氷点下10度を下回れば霧氷が期待できる。それほど気温が下がらなくても
美瑛川周辺では川霧が発生して周辺の木々に霧氷がつくことも多い
霧氷がつく日は大抵天気がいい
日が昇ってくるとみるみる霧氷は溶けだす。風がでてくればあっという間に落ちてしまう。かといって日が
出てこないと写真は撮れない。霧氷がついた日の朝は忙しい

 車内はできるだけ冷やす
あなたが車で冬の丘をめぐるのであればヒータで車内をあたためるのはよした方がいい
外で写真を撮り終わったあと暖かい車内にカメラをもどすとあっという間に結露する
結露がなくなるまで数時間は撮影できなくなる
それともう一つこれはさらに重要!
あなたが外にでるのがおっくうになってしまうことである
外に出ること無く窓をあけて車内から撮影... そんこと、してもいいけど結果はしれています

北海道で真冬に窓をあけて走っている人はきっと少ないでしょうけど....

降りしきる雪を表現するのは難しい
一言で雪といっても 牡丹雪、あられ、みぞれ 等と色々な雪がある。
ここではそのどれにも出会えるのだけれどもなかなか上手く表現できない。
色々理由を連ねるのは簡単だけれどもやめておこう。
太陽が出ていないときに風景を表現する方法が見つかれば冬の美瑛の撮影は百倍楽しくなるはず。


これをものにできれば冬の撮影の不満がかなり解消される気がする。


真冬に晴天になるには5日に1日か10日に1日位でしょう。
美瑛は大雪山系の日本海側に位置するので冬型の気圧配置になると天気が悪くなる。大雪山系の太平洋側の
帯広は冬型の気圧配置になると天気が良くなる。たかだか150km。直線距離では100kmを切るであろう
二つの地域でこれほど天気が異なるのは実に悔しい。

Top > ■Index > ■How to take photo < 春を撮る | 夏を撮る | 秋を撮る | 冬を撮る >